ドラマ

スカーレット 21話 動画 Pandora/Youtube/Dailymotion/10月23日/無料視聴/見逃し配信/再放送

スカーレット 21話 動画 Pandora/Youtube/Dailymotion/10月23日/無料視聴/見逃し配信/再放送
に 

スカーレット 動画 21話無料視聴まとめについては、下記記事になります

(全話無料視聴できます)

 
 

↓ ↓

 

スカーレット動画 21話
 

スカーレット/ 21話/動画/あらすじ

新聞社で試しに働き始めた喜美子(戸田恵梨香)。男ばかりの同僚に負けじと、勇ましい女性記者ちや子(水野美紀)の仕事ぶりに触発され、自分の将来を見つめ直して決断を….

番組内容

女中をしながら、新聞社でも試しに働き始めた喜美子(戸田恵梨香)。職場の清掃や、お茶出しが主な仕事だ。
男ばかりの同僚に負けじと、勇ましい女性記者ちや子(水野美紀)の仕事ぶりに喜美子は圧倒される。荒木荘に戻ると、役者志望の住人・雄太郎(木本武宏)の映画出演が決まったニュース。「お金よりも夢が大事」という雄太郎の言葉と、深夜まで働きづめのちや子に触発され、喜美子は将来を見つめ直す。深夜まで考えていると…

 


 

スカーレット 第21話話キャスト

 

戸田恵梨香,富田靖子,溝端淳平,水野美紀,羽野晶紀,三林京子,語り
中條誠子

スカーレット/21話話 見逃し配信視聴者/ネタバレ

今週のお勧め点は、なんといっても喜美子と荒木家の元女中・大久保のぶ子の関係です。

喜美子が女中として働き始めた荒木荘には、主人の荒木さだの家に仕えていた元女中の大久保のぶ子がいます。この大久保と喜美子のやり取りが、とてもユーモラスで魅力的に描かれています。

喜美子が初めて荒木荘にやって来た時、大久保は若い喜美子に女中は務まらないと即座に判断しますが、この時はとても厳しくて怖そうな人だなと思いながら見ていました。

大久保を演じている三林京子さんは、大阪制作の朝ドラの常連で、舞台などでも活躍されているそうです。三林さんのよく通る声で「信楽帰り!」とピシャリと言われてしまうと、私ならすぐに心が折れて故郷に逃げ帰ると思います。

それをしないところに、喜美子の芯の強さがよく表れていると感じました。

次の日に、どうしても荒木荘で働きたいと喜美子が懇願するのですが、そのシーンでの大久保の表情には、胸を打たれるものがありました。

喜美子に、大久保がこれまでやってきた家の仕事は誰にでもできるものではないと言われた時、セリフこそありませんでしたが大久保が心を動かされたのがありありと分かる表情でした。

あほらしいと言いながらも住人のお茶くみを喜美子に任せて席を立つ姿には、この人は厳しいけれど決して意地悪なわけではないのだということが上手く表現されています。

それをセリフやナレーションで説明するのではなく、役者さんのちょっとした表情や動きで視聴者に伝える手法が、とてもいいと思いました。

その後、女中として雇われた喜美子は大久保の元で仕事を覚え始めますが、大久保はするべき事を的確に短い言葉で伝え、良い所はうなずいて認め、違っている所は端的に指摘して直させるという、とてもいい上司ぶりを発揮しています。

喜美子がやる事に端から文句をつけたり、理不尽な事を言って嫌がらせをしたり、そういった素振りはありません。やっぱり厳しいけれど愛情のある人なのだと思います。

喜美子も言われた事を素直に吸収して成長していくので、とてもいいコンビだと感じます。

大久保が電話をしている時に表に八百屋がくるシーンでは、大久保が電話しながら喜美子に目配せし、喜美子がすぐに八百屋の対応に行くという阿吽の呼吸ぶりで、だんだんとバディ感が出てきたなと思いながら見ていました。

ドラマのストーリーは、喜美子が陶芸家になることは予告されているので、大阪を去って再び信楽に帰ることになります。

厳しくも温かい大久保との別れを思うと今から寂しくなってしまいますが、来週からも二人の関係に注目していきたいと思います。

スカーレット/21話話 動画みんなの感想

23日がちや子さんに口紅を買ってあげようと考えていたことにとても感動しました。

たくさんお給料がもらえたら、そこからいくらか抜いて自分のものにするつもりだったと言っていた時は、23日はやっぱりおてんばだなと思ったけれど、蓋を開けたらかなり大人でびっくりしました。

自分のために何か買うつもりじゃなくて、人のためにしてあげるというところが本当に尊敬です。

それも、そういう善行が自然とできるというところが23日のとても良いところだなと感じました。

ちや子さんもとても嬉しかっただろうなと思います。

また、信楽のみんなが23日の就職祝いとして仕立ててくれたよそ行きの服が、23日にとても似合っていて可愛かったです。

よそ行きの服を着たら、普通の年頃の女の子だなと思いました。

さらに、ちや子さんの出版社がデイリー大阪だったことにびっくりしました。

デイリー大阪といったら今なら弱小なんかじゃないし、これから急成長していくんだろうかとかなり楽しみです。

また、23日がデイリー大阪の事務所で紙くずを拾い集めたり、湯呑みが汚いのが気になってしまっていたのがおもしろかったです。

あれはもう職業病だろうなと思いました。

だけど、その23日の気遣いが、デイリー大阪の人たちに認められたようでびっくりです。

今の給料の5倍は出すから来てもらいたいなんて、かなり好条件な引き抜きだなと思いました。

1000円しか給料がなかったことに不満を抱いていたし、5000円も出すと言われたら、お金のことばかり考えてきた23日ならかなり心が揺らぐはずです。

だけど、23日は女中としての仕事も楽しんでいたのでどうするのかなと思いました。

サダたちにもお世話になっているし、たった一か月で一人前にもなる前に辞めるなんてことはしないような気がします。

また、23日の旅のお供である信楽焼きのかけらをデイリー大阪の人が調べてくれるというのでとても楽しみです。

大学教授に見てもらうといっていたので、いよいよその価値がわかるのかとかなりドキドキします。

少しでもお金に変えられたら23日も喜ぶだろうなと期待しています。

さらに、何をしているのかわからなかった雄太郎が喫茶店で歌っていたことにびっくりしました。
しかも、無表情でまるで人形のように歌っていたのがおもしろかったです。

ここでバイトのようなことをして稼いでいるのかなと、その後が気になります。

スカーレット第21話/動画10火23日まとめ

なんだか面白い展開になってきました。

新聞記者のちや子さんは、貴美子が襖を倒しても平気だったユニークな人だけあって、やはりおおらかに貴美子と接してくれていますね。

笑ったのが、下着ショーに出かける時の貴美子の靴の準備のシーンです。

貴美子は信楽を出る時に近所の方から可愛い服をプレゼントされていました。
でも、確かに靴も合わせないときまらないです。

ちや子さんが自分の靴を貸してくれようとして、一旦廊下から自分の部屋へ行こうとしてまた貴美子の部屋へ引き返しました。「こっちの方が速いわな」と、貴美子が倒した襖を開けて自分の部屋に行く心意気…最高です。また、それを特に笑いもしない貴美子もすごいです。

おしゃれなヒールの靴、貸してもらえて良かったです。貴美子がさりげなく置いておいた鉛筆立てやコーヒー無料券のことも、ちゃんと分かってくれていたのも嬉しかったです。

このちや子さんは、貴美子が大久保さんに荒木荘で働かせて下さいとお願いするシーンでも、何気なくユニークな反応を見せていました。

あの時、ちや子さんは疲れていたにも関わらず、貴美子の柔道の話に「おもろいやん!」とひと言。若い子の向こう見ずな元気を、温かく見守ってくれる人だな…とあの時も感じました。

それから、貴美子は大久保さんの厳しい指導の成果で、あちこちでいろんな人達に喜ばれる存在になってきました。

下着ショーの準備をする部屋でも、モデルさん達にお茶を淹れてあげていましたし、ちや子さんの新聞社でもお湯飲みを洗う心配り。

こういう動きは、慣れていないとなかなか急には出来ないものです。

その時の気遣いが好感を持たれたのか、ちや子さんの新聞社から引き抜かれそうになっていました。お給料5倍とか言っていましたね。

今だったらそれですぐ転職する人もいそうですが、貴美子は多分動かないのではないかな?と思います。ストッキングの修繕で毎回柔道技で暴れるほど腹が立つ大久保さんですが、彼女の指導あっての今の貴美子です。そして、荒木荘の人達もとてもいい人達ですし。

今回のドラマは、時代は戦後ですが今の大変な時代にもマッチする内容だと感じています。悲しさを隠して意地を張っている貴美子のお父さんも、すごく味があって魅力的です。

また、大久保さんがはじめに言ったように「褒められない仕事」である家事で、主人公が鍛えられていくこともすごく現実味があって共感出来ます。家事を頑張っても誰も評価してくれないと感じている方に、是非見て頂きたいと思っています。

スカーレット 21話 動画 Pandora/Youtube/Dailymotion/でみれないときは

下記に

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット21話動画 21話