ドラマ

スカーレット 13話 動画pandora/Dailymotion/Youtube無料視聴!朝ドラ再放送10月13日まとめ(月曜日)

スカーレット 13話 動画/13話見逃し配信無料視聴!朝ドラ再放送10月13日まとめ(月曜日)

 

2019年8時からNHK総合で『連続テレビ小説 スカーレット「はじめまして信楽(しがらき)」』が放送されます

 

スカーレット 朝ドラ 動画 13話/無料視聴まとめについては、下記記事になります

下記に普通に安全公式に

(全話無料視聴できるサイト)

 

↓ ↓

 

スカーレット 動画 13話/無料視聴まとめ
 

スカーレット/ 13話/動画/あらすじ


 

連続テレビ小説 スカーレット(13)「ビバ!大阪新生活」

喜美子(戸田恵梨香)は父・常治(北村一輝)が見つけてきた大阪の就職先に向かう。そこは女性下着のデザイン会社。喜美子は華やかな職場にときめくが働くのは違う場所で….

番組内容

喜美子(戸田恵梨香)は父・常治(北村一輝)が見つけてきた大阪の就職先に向かう。そこは女性下着のデザイン会社。社長・さだ(羽野晶紀)が率いる華やかな職場に、喜美子はときめくが実際に働くのは別場所だと判明。さだの暮らす下宿屋に案内され、医学生の圭介(溝端淳平)、新聞記者のちや子(水野美紀)など、個性豊かな住人たちと出会う。喜美子は自分の仕事は住み込み女中だと知る。そして到着早々、事件を起こしてしまい…

住み込みの仕事

喜美子(戸田恵梨香)の仕事は住み込みの女中。喜美子は小さい頃から家事をせっせと頑張ってきてるから、根性もあって頑張り屋だし女中としても一生懸命いい仕事しそう。初めてにしては筋がいい、的な?住んでる人も若い子がそばでいつもせっせと頑張ってるのみたら、自分も頑張ろうって思えるかもしれないですね。喜美子、何気に転職?でもこっからどうなって陶芸の道に行くんだろ。

喜美子の雇い主になるさだ(羽野晶紀)、そして下宿先の住人の医学生の酒田圭介(溝端淳平)や、新聞記者の庵道ちや子(水野美紀)とも出会うんですね。
喜美子に優しいという酒田、これは初恋の予感?これからは爽やかで優しくて真面目そうな酒田に朝からホワーンとした気持ちにしてもらえる予感がしてますよ。
水野美紀さんも楽しみです。役によって大きく人が変わる水野さんの個性的な新聞記者、癖がありそうで面白そうですね。喜美子にとっても友人となって、ゆくゆくは互いに影響を与えることも出てくるキャラクターということでこちらも注目したいです。
しかーし!早々に事件を起こしてしまう喜美子。何やらかしちゃうんでしょ。
下宿先の人の物を壊しちゃうとか?テンション上がって転がったらふすまが抜けてしまうあの予告のが早くも?
まず最初の大阪での喜美子のピンチ!

スカーレット 第13話キャスト

 

戸田恵梨香,北村一輝,溝端淳平,水野美紀,羽野晶紀,三林京子,オール阪神,語り
中條誠子

スカーレット/ /動画 13話ネタバレ

NHK朝の連続テレビ小説スカーレットの第2週からは、主演女優である戸田恵梨香が本格的に登場します。

最初は中学3年生の役でした。戸田恵梨香は30歳代の女優さんですが、見事に中学3年生の役を演じていました。

また友人である照子役も大島優子に変わりました。大島優子も戸田恵梨香同様に見事に中学生を演じていました。

喜美子が信楽を去る際に照子が言った言葉が非常に印象的でした。

「喜美子。あんたがどうしても信楽を去るのであれば、わたしを倒していけ。」という一言は、照子が喜美子に信楽を去って欲しくないという気持ちのあらわれだと感じました。最後に喜美子と照子は柔道で対決したのですが、その対決はすざまじい気迫を感じました。

これからの喜美子と照子の関係には注目しなければいけないと思います。

大阪での人間関係にも注目する必要があります

。かなり個性的なキャラクターが登場するので、これからの喜美子には大注目だと思います。

特にTMレボリューションの西川さんがどのように登場するのか大注目です。

そして大阪編の途中から信楽焼きが登場します。どのような形で信楽焼きが登場するのにかにも私は注目しています。

これからのスカーレットには大注目です。一番印象に残ったのは大阪に行く前に友達である照子との別れのシーンです。

「大阪に行くのならウチを倒していけ」というシーンは涙が出るくらいのシーンです。

結果喜美子が勝利して大阪に行くのですが、最後に照子が「喜美子がいない信楽は有り得ない。」というシーンも感動しました。

また主人公川原喜美子が中学3年になり、大人パートが始まったのも第2週からです。戸田恵梨香さんが本格的に登場します。

他のドラマでも見せた大人の低い声が非常にカッコいいと思いました。戸田恵梨香さんの初登場シーンは中学生だったので、中学生の制服を着て登場したのですが、戸田恵梨香さんは30歳代にも関わらず、似合っていました。
これから大阪編になります。

父親が紹介した仕事をする事になりますが、どのような仕事をするのか興味があります。

また信楽焼きに目覚めるきっかけがいつどのような形で訪れるのか、大注目です。

それだけでなく、大阪編では個性的なキャラクターがたくさん登場します。どのような個性的なキャラクターが登場するのか今から楽しみです。

NHK朝ドラであるスカーレットは、これからも見ていこうと考えています。

スカーレット朝ドラ動画第 13話/まとめ

貴美子は絵画の成績と学校の成績がいいので信楽で支援を受けて進学ができると先生が両親に話すが、お父さんは家の事情を話して進学することが難しいと話、貴美子がもしかしたら進学できるかもしれないと期待を膨らませたがそれが無理でそういう姿を見ると可愛そうだなと思いました。

貴美子は長女だから、我慢しなければいけないことが沢山合ったと思うし、一つくらい我が儘を親に言っても良かったんじゃないのかなと思うけれど、家の事情ばかりはどうにもならないし、グッと堪えるところが偉いなと思いました。

てるちゃんや信作も貴美子と離れることが寂しくて悲しんでいて貴美子を引き留めようとするけれど、貴美子は二人に本音を言わず、笑って誤魔化しているところも可哀想でした

。お風呂の火を調節しながら、お父さんに本音を話すけれど、お父さんの話は貴美子の心に決心をつけることが出来たけれど、貴美子が大阪で働かなければいけないと言う親の気持ちしか伝わってこなくて、貴美子の気持ちを汲み取りながら言葉をいってくれたらいいのになと思いました。貴美子はお父さんに言われた通り、信楽を目に焼き付けて旅立つ決意をして、これから頑張っていくのかと思うと頑張れって思いました。

2週目が終わってみて、もう2週もたったのかと時の流れの早さを感じます。そう思えるのも面白くて楽しくてこの先もずっと見てみたいと思わせてくれる朝ドラという評価になったからだと思います。

滋賀は数えきれないほど足を運んだ事があるなじみのある土地でも信楽は1度も行った事がない町なので、随分昔の話ではありますが信楽がどういう所かを知るのは楽しいですし、方言には親近感が沸きますのでセリフも心地良く響きます。

ヒロインの子役時代を演じた役者さんは初めて見たのですが、大人顔負けの演技をするのでドラマもとても引き締まったものになりましたし、それだけに早くも交代してしまったのは残念でもう少しだけは見たかったかなというのが正直な気持ちでした。

しかし一方ではこれから長く演じる戸田恵梨香さんもお気に入りの女優さんなので早くも登場してきた事には嬉しさもあります。

実年齢がアラサーの彼女がセーラー服を着たまだ中学生の役からスタートというのは、ご本人はどんな気持ちなのか興味がありますが違和感なく見ることはできました。

彼女が信楽で就職が決まったと勘違いされて周りからお祝いをされているシーンでの戸惑った表情がとても印象に残りましたし、それだけに無事に大阪での就職が決まってホッと一安心でした。舞台が大阪に移ってどういう展開になるのか3週以降も目が離せません。
 

総評

父親の常治が大阪で作った借金の一部の100円を草間が立て替えた事で、常治が必ず返すとこだわった姿に初めて、分からない、と反抗的な目をした喜美子が直子と一緒に我慢した紙芝居での一件を思い出し、常治とマツのまえで、女にも意地と誇りはある、と元気よく叫んだ喜美子の強さに感動しました。冬休みを利用して草間から草間流柔道を習い始めた喜美子達の張り切る姿にも元気を貰えたなと感じました。

草間が4年前に満州から先に日本へ帰って来た妻をずっと探しているという深い理由があり、探しても無理と答えなかった喜美子に元気づけられた草間とのやり取りのシーンは、喜美子らしい壁にぶつかっても乗り越える前向きな姿が感じられ、これまた勇気を貰いました。

照子が人さらいにあったかと心配した喜美子が、必死で照子と一緒に居た丸熊陶業の男性を投げ飛ばそうとして助けようとした勘違いのシーンも喜美子の女性ですが、男気の様なモノも感じられた良いシーンでした。赤い手袋に喜ぶ可愛らしい一面も喜美子にはあり、見ていて思わず微笑んでしまいました。

15歳の喜美子に成長して丸熊陶業の就職が無くなり、それでも気持ちを押し殺していた喜美子が、お風呂を沸かしていた時に初めて常治に、大阪に行きたくない、と泣いたシーンは、喜美子の年頃の正直な気持ちが伝わってきて切なくなりました。

そんな様々な感情を抱かされた2週目でした。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット 動画 13話