ドラマ

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日/新見市

八つ墓村 nhk bs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日
 

2019年10月12日21時からBSプレミアムで『スーパープレミアム「八つ墓村」▽恐怖の連続殺人に金田一耕助が挑む!』が放送されます

モデルは、現、岡山県新見市であります

筆者は取材に何度も来ております
 

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日につきましては下記にて

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日
 

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日 /番組内容

 

大量殺人の過去を持つ村に名家の跡取りとして招かれた辰弥(村上虹郎)。それが悲劇の発端だった。祖父、異母兄…次々殺害される関係者。辰弥の異母姉の春代(蓮佛美沙子)、分限者(國村隼)に身を寄せる美也子(真木よう子)は、苦しむ辰弥に思慕を抱く。だが殺人はとどまるところを知らない。やがて辰也の秘密を探り当てた耕助(吉岡秀隆)だったが、当の辰弥は、たたりを恐れる村人によって鍾乳洞の奥に追い詰められていた。

八つ墓村」という作品は、ミステリーでもあるのですが、単純なミステリーとしては描かれていないところが特徴だと思います。

それはつまり「たたり」が関係しているのではないか?と思わせるストーリー展開にあるのです。

連続殺人事件が作中で発生しますが、通常であれば犯人は誰か?を探すのみが醍醐味になっていきますけど、本作では人間の仕業ではないかもしれないという疑念も同時に生まれており、それがたたりの存在なのです。

つまり、犯人は人間ではないのか?という部分も登場人物の脳裏に当初は浮かんでいたことでしょうし、視聴者にもそういう光景に映った可能性があります。

実際は犯人がちゃんといるわけですが、この作品は全体的に非常に気味が悪い感じでストーリーが進んでいくので、そこが通常のミステリーとは違うのでしょう。

その雰囲気というのは、他の作品では味わえない部分じゃないか?と思いますし、やっぱりたたりではないか?と感じさせる部分というのが、視聴者に対してちょうどいい恐怖心を与えることに成功しているのだと思うのです。

気味の悪さ、ちょうどいい怖さを上手く演出し、視聴者を惹きつけることができる部分がこの八つ墓村という作品の特徴と言えると思うのです。

 
この村は戦国時代と大正時代に連続殺人事件がすでに起きており、いわくつきの村という状況だったのです。

その村で再び連続殺人事件が起きてしまうわけですが、まるで呪われているのではないか?と言えるほどの状況で、そういった村によく住むことができるなという感想が視聴者から漏れてきそうです。

実際、ここまで連続殺人事件が起きるような状況だと、人間の仕業であるとしても別の何かしらの力が働いているのではないか?と思う人もいるでしょう。

そういった村に自分が住んでいたらと思うと、鳥肌が立つような感覚になるのではないか?と思います。

実際にこういった村に自分が住んでいたら、まるで事故物件に住んでいるような感覚でしょうし、もしかしたらそれ以上の恐怖を実際に体感するかもしれません。

そういう想像が番組を観ているときにも多くの人たちの脳裏に浮かぶのではないか?と思いますが、この八つ墓村という作品は他のどの作品よりもそういった部分で魅力を感じられるでしょう。

怖いのがダメな人にとっては別ですが、ホラーとかそういうのが好きな人にとっては十分に楽しめる作品であると言えるでしょう。「八つ墓村」という作品は、これまで何度も映像化されてきた人気のミステリーと言えます。

ホラーの要素も含まれているのが特徴で、日本ではこういう雰囲気を持った作品自体があまり多くない印象なので、八つ墓村のような作品は非常に貴重です。

この作品のテーマとしては猟奇的殺人という点が挙げられ、惨殺という言葉がぴったりな状況が描かれているのです。

単なる連続殺人事件ではないというところが八つ墓村の特徴で、海外の作品で言えばジェイソンが登場する13日の金曜日シリーズなどが当てはまるでしょう。

この13日の金曜日シリーズも連続殺人を描いていますが、やっぱり惨殺が特徴的な作品であり、そこが魅力的というか、面白さなのかもしれないです。

実際、この作品は日本でも有名ですし、かなり人気とも言えると思います。

八つ墓村に関しても同様のジャンルと言えるのではないか?と思いますが、ミステリーの要素も含んでいるので、推理をするという点も重要と言えます。

猟奇的殺人に加えて推理もののジャンルということが言えるので、猟奇的殺人というのが間違いなく特徴と言える作品ではありますけど、別のところにもちゃんと魅力を持った作品であると評価できると思うのです。

八つ墓村 キャスト

 

吉岡秀隆,村上虹郎,真木よう子,蓮佛美沙子,小柳友,佐藤玲,音尾琢真,酒向芳,不破万作,山下容莉枝,宮沢氷魚,佐津川愛美,馬場徹,久保酎吉,竜のり子,樋井明日香,山口馬木也,やべきょうすけほか

昔、稲垣吾郎主演の『八つ墓村』のドラマを見たことがあります。何年も前のことなので内容はよく覚えていないのですが、ハラハラドキドキで息つく暇もないくらいテレビに見入ってしまったのは今でもはっきり思い出せます。

まず楽しみなのが、主演が吉岡秀隆だということ。

金田一耕助は浮世離れした独特の雰囲気があるので、彼は金田一の印象にぴったりです。

演技力も素晴らしい方なので、どんな金田一になるのかとても楽しみにしています。

また、村上虹郎や真木よう子など、脇を固める役者さんも魅力的です。

高い演技力で、ストーリーにさらに深みが出るんだろうなと期待できます。

そして何より、BSプレミアムで放送されるという点が興味をそそります。

BSプレミアムで放送されるドラマはとにかく映像が綺麗で、宣伝で映像を見ただけでも「どんなドラマか見てみたいな」とに気させられます。

CMもないので、映画館で映画を見るときのように、最初から最後まで気を抜く間もないままテレビの前から動けなくなりそうです。

原作が素晴らしいのは言うまでもありません。そこに、吉岡秀隆はじめ高い演技力のある役者さんと、BSプレミアムの映像美が加わった『八つ墓村』は過去にないくらい恐ろしく美しいドラマになっているのではと楽しみです。
 

再び八つ墓村が映像化されるのですね。西田敏行さん、古谷一行さん、石坂浩二さんも演じた金田一耕助役を吉岡秀隆さんが演じます。

八つ墓村は昭和24年に発表された横溝正史さんの作品で、何度も映像化されており内容は誰しも知っているものだと思いますが、八つ墓村では戦国時代には村人が8人の落ち武者を殺害し、大正時代には旧家の当主が32人の村人を殺害した過去があります。

そんな過去を持つ八つ墓村でその田治見家に、長らく縁が途絶えていた井川辰弥が跡継ぎとして戻ってくるところから悲劇が始まります。

祖父、異母兄、僧侶、尼僧と次々関係者が殺害されていきますが、殺人の真相は全く分からず、そんな中鍾乳洞に迷い込んだ辰弥が鍾乳洞の中で落ち武者の鎧を身に着け死蝋となっている当主を発見します。

過去に落ち武者を虐殺した過去のある八つ墓村の住人は祟りを恐れます。

そしてそのあとも次々に殺人は続いていきます。

謎は深まるばかりで真相はわからないまま。辰弥が村に来たところから不可解な殺人が始まったことから村人たちは辰弥が祟りのもとではないかと追い詰めます。辰弥の出生の秘密を知った金田一が事件の真相に近づいていきます。

ここまでわかっていても、この作品が何度も映像化されているところから人気の程がわかるというものです。

出演者、監督によっても表現の仕方が違います。

吉岡秀隆さん演じる金田一耕助がどのように犯人に迫っていくのか、結末を知っていても見ごたえのある作品には間違いありません。

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日ストーリー性

今まで八つ墓村気になってはいたものの、1回もみたことがなかったので今回見てみようと思っているのでどんな話なのか楽しみです。

まず大量殺人があった村に跡取り息子として嫁いだ辰弥はすごいなと怖いと思うより関心してしまいました。

普通だったら大量殺人があったという時点で何かある村だと考え踏み入れることさえしたくたいと考えるはずなのに跡取り息子としていく時点ですごい勇気のある人なのかなと感じてしまいました。

しかし村に嫁ぐとともに再び次々と殺人事件が起きるというのは何かこの村には隠されていることがあるような気がしました。

その殺人事件に挑む金田一耕助の推理が自分の見立てあっているのか見るのが楽しみです。
ミステリードラマで1番楽しみなのが一緒に見ながら推理していくことなので、自分が推理したのとあっていたらいいなと思いました。

大量殺人があったというのは辰弥という人が村に来る前で再度起きたは辰弥という人が嫁いできてからということは村に他から人が来たことにより何か起こるのかなと思いました。

以前起こった大量殺人事件と今回の殺人事件は同じ犯人なのか、それとも以前の大量殺人に似せているだけなのかどう物語が進んでいくのか気になりました。

 

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/みどころ

今作は「Dr.コトー診療所」で主演を務めた吉岡秀隆さんが金田一耕助を演じるということです。

主人公の一見頼りないイメージが、吉岡さんにぴったりだと思いました。

金田一は、その風貌からは想像のつかない抜群の推理力で、難事件を次々に解決していきます。

金田一耕助シリーズは過去にも色々な俳優さんが主演をされていますが、吉岡さん演じる金田一耕助が、どのように事件を解決していくのかが一番の見どころだと思います。

金田一耕助シリーズの過去のドラマをいくつか見たことがありますが、このシリーズで一番好きなのは、人間味の溢れる登場人物たちです。

自分の私利私欲にとても正直で、その為だったら何でもするという強い意志を持った人物がたくさん出てきます

そのせいで殺人という卑劣な行為に及ぶ人物も出てきますが、自分の気持ちに正直に向き合っている姿は素晴らしいと思います。

主人公以外のキャストにも様々なドラマで活躍中の村上虹郎さんや、真木よう子さん、若手人気俳優の水沢氷魚さんなどが起用されており、これらの俳優さんたちが、素晴らしい演技をしてくれるのではないかと期待しています。
この『八つ墓村』という作品は、タイトルからもどんなスリリングな話なのだろうと興味をそそられます。

「八つ墓」とは誰の墓なのか、何を意味するのか、殺人事件との関係はあるのかと疑問が次々に浮かんできます。ドラマのあらすじによると、過去に大量殺人が行われた村に跡取りとして招かれてきた男性(辰弥)によって、新たな連続殺人が行われてしまうということですが、なぜこの村では連続殺人事件が繰り返されてしまったのか、とても気になります。

事件の舞台となった「八つ墓村」は祟られた村なのか、その祟りは何によるものなのか、ドラマの中で解明されていくのが楽しみでなりません。

さらに気になるのは、村人達によって鍾乳洞の奥に追い詰められていた辰弥がそこで何を考え、何を感じていたのかということです。

辰弥による連続殺人が自分の意志によるものであったのか、祟られた結果だったのかはドラマを見ないとわかりませんが、そのせいで村人達に恐れられ、隔離までされた辰弥の気持ちはどのようなものなのでしょうか。金田一耕助シリーズでは殺人犯があまり良くない終わり方を迎えることが多いと思います。

辰弥が苦しみを越えて、どのような結末を迎えることになるのか、今作の最後がとても気になります。

新しい『八つ墓村』が見られそうでとても楽しみです。

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/視聴者評価

12日に放送される「八つ墓村」。なんといっても、主演の吉岡秀隆さんが楽しみです。北の国からなどで有名な吉岡さんですが、映画デビュー作はなんと「八つ墓村」だそうです。

ショーケンさん演じる辰弥の幼少時代の役で、当時の金田一役は渥美清さんだったとか。

時が経って金田一役を自分がすることになるとは思っていたのでしょうか。運命を感じてしまいます。

吉岡さんの魅力の一つは、独特の雰囲気を醸し出すなんとも言えない存在感だと思います。

金田一役はジャニーズタレントなどこれまで数々の方が演じていますが、やはり演技力の硬い吉岡さんの金田一は別格だと思います。

物語自体は、辰弥の祖父や兄弟などが次々と殺害されていってしまうという見るのをためらってしまうような内容ですが、吉岡さんの人間味あふれる演技で怖さも半減させてくれるのではないでしょうか。

怖がりの私は金田一作品は見た事が無いのですが、今回は見てみようと思っています。

前作を知っている方であれば、前作と今作の配役を比較したりとまた違った楽しみ方もできるのではないでしょうか。個人的には真木ようこさんも好きな女優さんですし、イケメン俳優の村上虹朗さんにも注目しています。

欲を言えばBSではなく総合でやって欲しいです、とても楽しみにしています

八つ墓村 nhkbs/動画/再放送/見逃し配信/みんなの感想

 

「八つ墓村」では、連続殺人事件の模様とその捜査が描かれていますが、この八つ墓村以外でも連続殺人事件というのはいろいろなドラマで放送されてきました。

したがって、内容だけ見れば決して珍しい存在とは言えないと思うのです。

しかし、八つ墓村というのは知名度がかなり高く、これまで多くの人たちが視聴してきたと思います。

では、なぜこの八つ墓村はここまで人気なのか?と言えば、その作品自体の雰囲気というのが大きく関係していると思います。
ドラマで連続殺人事件が描かれるのは、都会の雰囲気が漂っているような場所が結構多いです。

東京やその周辺が舞台になるケースは特にそういう感じですけど、八つ墓村の場合には岡山県の田舎の雰囲気があるようなところが舞台(岡山県新見市)になっており、田舎は閉塞感があるようなイメージが強く、そこが恐怖心を煽るのだと思うのです。

また、この八つ墓村で描かれている連続殺人事件に関しては、実話がもとになっており、実際に起きた連続殺人事件をもとにしているので、この猟奇的な殺人事件が実際にかつて起きていたという事実も視聴者にとっては恐怖を感じやすい部分なのです。

そういった要素によって、八つ墓村というのは知名度が高い、人気作品になったということが言えると思いますし、観ている側からするとそこに見どころを感じるのではないか?と思うのです。

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日まとめ

横溝正史氏原作の「八つ墓村」は、これまで何度も出演者を変え、放送されてきました。映画化された時には、「祟りじゃー!」というセリフが流行語にもなったほどです。

特に「金田一耕助と言えば誰?」と聞くと、回答者の年代によってたくさんの俳優の名前が挙がるはずで、深い思い入れのある人も多いことと思います。それそれに俳優が演じてきた特徴のある金田一には、シリーズを通して共通点がありました。

それは、金田一耕助は頭のキレそうな敏腕探偵には見えないが、実は人間の心の深層を読み取り、緻密な推理を重ねて、確実に犯人を追い詰めていく人だということ。彼の魅力は、そのぼーっとした見た目と冴えわたる推理のギャップだと言えます。

今回金田一を演じるのは、吉岡秀隆さん。

おっとりとしてマイペースな人でありながら、鋭い視点を持つ金田一像をきっちりと見せてくれることでしょう。

また大量殺人という忌まわしい過去がある名家の跡取りとしてやってくる辰哉役に、村上虹郎さん。辰哉はこれまで、自分がその家の血縁者だとは知らずに生きてきました。しかし跡取りを探していると聞き、自分の人生を変えるためにもその家を訪ねる決意をします。それが再び、惨劇を招く一因にもなってしまうのです。そんな重大な役柄を、影のある雰囲気を持つ村上さんが演じるのを見るのは、とても楽しみです。過去の金田一を超えるドラマになることを、大いに期待しています。
 
今までも放送されてきた「八墓村」が新しくドラマとして帰ってくるのです。

今まで多くの名優が演じてきた金田一耕助を吉岡秀隆がどの様な金田一耕助を演じるのか楽しみなところですが、わきを固める役者達も、以前までの作品とは違い、今乗りに乗っている俳優が沢山出演していて、今までのドラマとは一味違う「八墓村」が見られそうですね。

多くの作品を残した横溝正史の不思議な世界へ再び連れて行ってくれるのですね、そして、横溝作品にはなくてはならない、探偵金田一耕助が、どのように犯人を捜し、村の中に伝わるあらゆる伝承を調べながら謎の多い八墓村の生い立ちにまで迫っていき、最後には、八墓村を残すためにしかたなく行われた殺人だったことを、今回の演出ではどの様な切り口で見せてくれるのか、新しい「八墓村」が生まれて、再び横溝作品が注目されるような、ドラマになると良いのですが、期待することが多い今回のドラマになりそうです。

新しい金田一耕助の活躍を楽しみにしています。かつて見てきた「八墓村」がこの令和の時代へと変わっても昭和を見事に描き切ることが出来るのか、何となく懐かしく思えるそんな気分にさせてくれる。名作のリメイクですが、新しいものが見られそうなので、とても楽しみにしています

総評

横溝正史のミステリー「八つ墓村」。

今までに幾度となく映像化されてきた作品で、一度もこの作品を見たことのなくてもその作品名は知っているという人も多いのではないでしょうか。戦後の日本、そして古くからの日本特有の慣習が根強く残る村で、繰り返される惨劇。

どこか薄暗く、見ているこちらまで息をひそめてしまうような独特の雰囲気。八つ墓村という不気味な村の名前の由来、二十六年前の田治見家・田治見要蔵が起こした事件。目を背けてしまいそうになるシーンもある作品ですが、金田一耕助によって徐々に明かされてゆく真相に、食い入るように見てしまいます。

この作品は映像化されていた作品を今までも見ているのですが、物語も雰囲気も変わらないはずなのに、演じられる方達により引き出されるまた新しい魅力が引きだれてゆくように思います。それと、戦後の日本が舞台ということで、登場人物の衣装やまわりの風景にも注目したいです。

そして、今回、物語の要であり様々な俳優の方々が演じられてきた金田一耕助役を吉岡秀隆さんが演じられるということで、吉岡さんによって作り出される金田一耕助がどんな風に真相を明かしてゆくのか、また新しい八つ墓村に期待したいと思います。
 
八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】Youtube/tver(ティーバー・ディーバー)では見れない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

八つ墓村 nhkbs/動画/見逃し配信/再放送/フル/無料視聴2019年10月12日