バラエティ倉庫

100分de名著 動画/9月2日/大江健三郎 無料視聴/見逃し配信(第1回)再放送

100分de名著 大江健三郎 動画 無料視聴第1回9月2日/見逃し配信/再放送

 

2019年9月2日22時25分からEテレで『100分de名著 大江健三郎“燃えあがる緑の木”1▽“四国の森”と神話の力』が放送されます

 
当記事では
100分de名著/大江健三郎/の9月2日放送分の無料視聴動画のURL紹介や

視聴者の評価などをまとめています。

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

100分de名著/大江健三郎/動画/見逃し配信/9月2日
 

100分de名著/大江健三郎動画/ /9月2日/番組内容

 

「燃えあがる緑の木」は、一人の「救い主」の誕生と「教会」創生の物語である。舞台は大江の故郷でもある「四国の谷の森」。主人公・隆は、さまざまな挫折を経て「魂のことをしたい」と願うようになり谷へ向かう。そこで古くからの伝承を語り継ぐ「オーバー」という長老に出会い、かつてこの村のリーダーだった「ギー兄さん」の後継者に指名される。第1回は、小説に込められた「神話の力」や「辺境の意味」を読み解いていく。

 

100分de名著 キャスト

 

講師
芥川賞受賞作家/早稲田大学教授…小野正嗣,
司会
伊集院光,安部みちこ,
朗読
寺島しのぶ,
語り
加藤有生子

 

00分de名著 大江健三郎 動画 無料視聴第1回9月2日/視聴者の評価

 

みどころ

今回は9月2日(月)放映の100分de名著 大江健三郎について語らせていただきます。同日の放映は燃えあがる緑の木”1▽“四国の森”と神話の力』だそうです。

あらすじ紹介としては「燃えあがる緑の木」は、一人の「救い主」の誕生、そして、彼を中心とした「教会」創生の物語である。

舞台は大江の故郷でもある「四国の谷の森」。

第一回は、作品の執筆背景にも触れながら、小説に込められた「神話の力」や「辺境の意味」を読み解いていく、だそうです。

ごめんなさい、四国地方出身ではないのでその土地の神話伝説というのは全くしりません。

ただ行政単位としては四国4県の豊かな生活環境の実現、森林資源の循環利用等森林の多面的機能の高度発揮の実現に向けてシンポジウムをしているそうです。

四国の森に限らず、生物が星でいきていくためには植物は必要です。

その中で木、広域では森林というのは酸素を作り、そして台風などの大雨になった時守ってくれる存在のはずでした。

でも日本では国土拡大のために山の斜面を削りそこに人間が住めるように全国各地おこなわれましたが、無理なやり方は自然崩壊がおこり逆にそこに住む人間が巻き添えを食らうことになるのでした。

そして現在少子高齢化で都市部に人口が集中している現在、山岳地帯のような田舎はどんどん人がいなくなり過疎化していくでしょう。

そしてコミュニティ単位で形成できなくなり廃村、でも建物などはそのまま残る…。いいように利用しているだけです、人間は。

自然を大切にしよう、そういう心掛けで私は視聴したいです。

あらすじ

 
9月2日に放送される『100分de名著』はためになる情報とか様々な知識を覚えることができたりするためほんとに助かっていて、今回のタイトルが「大江健三郎“燃えあがる緑の木”1

▽“四国の森”と神話の力」となっているため、名が知られている作家の作品のことを特集するため、これも気になっていたりします。

大江健三郎さんが長年かけて作品を作り出版した「最後の小説」と言われた集大成ともいうべき作品をゲストのプレゼンターが、作品を読みながら多くの人たちにわかりやすいように説明をしていき、途中でアニメーションや紙芝居をはじめ、出演者と一緒にコントを行ったりなど、あの手この手の演出を駆使して奥深い“名著”の世界に迫るので作品の世界に入ってしまいそうな感じがします。

偉大な先人の教えから、困難な時代を生き延びるためのヒントを探ることができるため勉強になることが沢山ありそうであり、第一回としては作品の執筆背景にも触れながら、小説に込められた「神話の力」や「辺境の意味」を読み解いていくようになっているので楽しみであります。

MCは伊集院光さんと安部みちこアナウンサーであるので安心安定のコンビとなっているため、今回も期待したいと思います。

まとめ

 
大江健三郎の最高傑作でもある「燃え上がる緑の木」は、ただの小説ではないことを伝えています。

四国の森を舞台にした作品ですが、燃え上がる緑とは木にも魂が宿っているからだと思います。

森には不思議な力があり、現在ではパワースポットにもなっているほどなので何かをもらえる気がします。

森の妖精に出会ったのかは定かではありませんが、森からみなぎるパワーを浴びた感じがします。これまでにない体験が、作者の心を動かしたと思います。

村だったので、緑が生繁ていたこともあり、精霊に出会うことができたのかもしれません。

いつかは森に帰る日が来るとは、植物と通じ合っていた可能性があります。会話は出来なくても反応を見せることはできたと思います。

自分が楽しければ、森林も楽しい気持ちになることを伝えたい感じです。

魂が宿る森は、人間にパワーを与えて生きる勇気をチャージしてくれます。燃え上がる森の木は、元気のない人間にパワーを与えてくれるものです。

生きることが辛い人、幸せになりたい人などに森から元気をもらって明日からの活力にします。

100分de名誉とは、その人の想いを分析する番組なので、想像力は働きます。木から気をもらうことで勇気が湧いてきます。

100分de名著 大江健三郎 動画 無料視聴第1回9月2日/pandora は危険

 

インターネットにある違法動画について、シンプルにお金を払って映画を見ている正規視聴者から見てみれば、こっちはお金を払って見ているのに無料で見れる人がいることがデメリットだと思います。

お金を払っているわけですから。

しかし、この違法動画が当たり前になると映画館に足を運ぶ人がいなくなり、映画の制作側にもお金が入らなくなります。

そうすることにより、映画にかけるお金も少なくなるため、映画のクオリティが落ち、最終的にはこの世から映画がなくなる可能性も、もしかするとあるかもしれません。

これこそ社会的悪影響です。

映画が趣味の人は、趣味を失います。

映画に勇気付けられている人も多くいるはずです。

そのような人たちは今後どうしていけば良いのでしょうか。

映画評論家もこの世から消え去るかもしれません。

こんなことが起きないためにも、インターネットにある違法動画は絶対に削除すべきだと思います

昔、違法動画の取締りが厳しくなかった頃は、私も映画や音楽をダウンロードして、楽しんでいました。

その当時は私も若く収入も余りなかったですし、簡単にダウンロードできたので、お金をわざわざ払って見たり、聞いたりすることは、馬鹿馬鹿しいと思っていました。

しかし、現在はもちろん無断にダウンロードして楽しむことは違法ですし、自分も成長しクリエイティブな仕事をする中で、技術であったり、その作品の価値を守っていくためにも、著作権は大切だと思っています。

アーティストの方々も、制作者の方々も、無償で仕事をしてるわけではないですし…。個人的な意見ですが、現在は昔に比べて、動画配信サイトや、音楽配信サイトも増えて、昔より自分のニーズに合わせて選べる時代にもなっているので、昔みたいに高いだけで使いにくいと感じることも、損をしているというイメージもなくなりました。

私は映画やドラマを中心に利用するので、U-NEXTに登録していますが、家族みんなで利用でき、登録も簡単なので、非常に使いやすいです。

現在、違法動画をわざわざネットなので探して、いつ見つかるのかどうかをハラハラドキドキするぐらいなのであれば、月に500~1500円程度を払って、見る方が絶対良いと私はかんじています。

100分de名著 大江健三郎 動画 無料視聴第1回9月2日/Dailymotion は危険

 

インターネット上にある違法動画にはさまざまなジャンルがあり、すべての視聴者にあてはまるとは言い切れませんが、デメリットとしては、違法動画を見るために、普段利用していないような不正なサイト、または海外のサイトにアクセスを試みることによって、個人情報を盗み取られたり、サイトを閲覧するのに利用したパソコンやスマホなどの媒体にウイルスを感させてしまったりといったことが考えられると思います。

また、ネット上の違法動画を見ることを習慣化してしまうことで、著作権などの問題を考えることができず、正しい方法で利用し、お金をはらうといった社会生活を送る上で必要なモラルを失ってしまい、自分さえよければいいという思考を生み出してしまう危険性があると考えられ、視聴者の人生における価値観も変えてしまうというデメリットがあると考えられます。

違法動画の正規視聴者のデメリットとして、知らないうちに犯罪に巻き込ませているというところにあると思います。

例えばYouTubeにアップロードされている動画の中にもドラマやアニメなどの違法動画が蔓延しています。

アップロード側は色々な手でアップロードが出来るので、それを全てパトロールすることは不可能に近いです。視聴者はアップロードされているから安全だと思い何の気なしに視聴してしまいます。

その段階で犯罪に片足突っ込んでいる状態となってしまいます。

いずれは必ずそれをアップロードすること、視聴することがいけないことと認識する時は必ず来るのですが、人間は弱い生き物なので、一度簡単にしかも無料でみたものに対しての抑止力は働きません。

自分は大丈夫、みんなやってるしという自分勝手な都合で見続けるでしょう。

違法と知りながら視聴するのはその段階で犯罪ですよね。知らず知らずのうちに犯罪に加担しているというところにあります。

また社会的悪影響については、その違法動画のアップロードというのが悪との認識が薄れてきます。

ここまで蔓延してしまったら抑制させるのは不可能で、むしろ当たり前の文化ともなりつつあるので、経済的な観点からしてみると、新しい何かが生み出されない限りこのままでは成長はないかなと思います。

100分de名著 大江健三郎 動画 無料視聴第1回9月2日/youtubeは危険

 
今の世の中、良しも悪しも目立ったもの勝ちなところが優先されている気がします。違法動画と一言で言っても、卑猥なものから、YouTube等で法律に触れる行為を動画で撮ったものまで様々です。

特に問題と思えるのは後者の動画、どちらかと言うと「目立ちたい」だけで、過激な行為を動画としてあげている人達です。物を壊したり、関係ない人を巻き込んだり、危険な運転をしたり、様々な違法行為の動画が世に流れています。

インターネットが普及しきっている現代、その動画を流した人達は注目を浴び、動画を見た人は不満を覚える人達が多いですが、ごく一部で影響を受け同じような行為をする、又は動画を撮る人がいます。

メディアの恐いところですが、世に流れたニュースや映像は不思議な程、同じ立場や同じ心境の人達に影響を及ぼすと思っています。

ファッションの流行が人に影響を及ぼしたり、流行語がみんなに使われるように、負のエネルギーも、いろいろな日とに影響を与えています。自殺者のニュースが流れれば同じような人達が自殺に走りやすくなり、不倫のニュースが増えれば、不倫に手を出す人が増えます。

違法動画も、流れれば流れるほど、話題になればなる程、増えて行くのではないでしょうか。

法に触れるような動画で注目を集める人が出てくると、それを真似して人気を得ようとする人が現れます。

YouTube等をみていない人も、ニュース等になればその動画を目にしてしまいます。

インターネットに流れている違法動画に対する罰則をもっと厳しくするべきです。

100分de名著/大江健三郎/動画/9月2日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれません

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

100分de名著/大江健三郎/動画/見逃し配信9月2日